So-net無料ブログ作成
検索選択
おんな城主 直虎 ブログトップ

井伊直親の隠し子?高橋ひかる演じる謎の少女・高瀬とは? [おんな城主 直虎]

”Related
柴咲コウさん主演のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」。

「おんな城主 直虎」の主人公の井伊直虎は、一族の井伊直親と婚約することになります。ところが、井伊直虎の婚約者・井伊直親は、井伊家筆頭家老の小野政直に命を狙われて、信濃に逃れるのです。井伊直虎が出家したのは、婚約者・井伊直親を失ったためでした。

しかし、逃亡した「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎の婚約者・井伊直親は、生きて井伊谷に戻ってきます。それでも、井伊直虎は素直に喜べなかったかもしれません。かつての婚約者・井伊直親はすでに父親になっていたからです。

はたして、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎の婚約者・井伊直親の逃亡中に、なにがあったのか?






スポンサーリンク





家老・小野政直が婚約に反対!井伊直親は信濃に逃亡



「おんな城主 直虎」では、三浦春馬さんが、主人公・井伊直虎の婚約者・井伊直親を演じます。

井伊直親は、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎と婚約者となります。

しかしながら、井伊家筆頭家老の小野政直は、この婚約に反対。井伊直親の父・直満、直義兄弟の命を奪い、さらに直親の命も狙います。そのため井伊直親は、信濃に逃げたのです。

井伊家筆頭家老の小野政直は、なぜ井伊直虎と直親の婚約に反対したのか?
井伊家筆頭家老の小野政直は、直親の父・直満と不仲だったといわれています。とはいえ、それだけでは、小野政直が、井伊直虎と直親の婚約に反対した理由としては説得力に欠ける気もします。

あくまで推測ながら、小野政直は息子の政次を、井伊直虎の結婚相手にしようとしていたのかもしれません。

龍潭寺との縁深き、信濃・松源寺で成長



こうして、家老・小野政直に命を狙われた井伊直親は、信濃に身を隠します。

井伊直親は、信濃の豪族・松岡氏のもとで保護され、松源寺で修行したといいます。

井伊直虎の婚約者・井伊直親が修行した松源寺は、井伊家の菩提寺・龍潭寺と縁があったといわれています。その縁で、井伊直親は松源寺で成長するのです。

そして井伊直親は、命を狙った小野政直が世を去ったこともあり、井伊谷に帰郷するのです。

幼い娘を連れて戻ってきた?井伊直親



かつての婚約者・井伊直親が井伊谷に戻ってきたものの、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎は、素直に喜べなかったのではないでしょうか。

「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎は、婚約者・井伊直親が逃亡したため、出家していました。かつての婚約者・井伊直親が帰ってきたとはいえ、夫婦になることはできなかったのでしょう。

さらに、井伊直虎は衝撃を受けたのではないでしょうか。井伊直親は、幼い娘を連れて戻ってきたというのです。

信濃の代官から妻を迎え、男児と女児の父親に?



信濃での逃亡生活のうち、井伊直親は大人に成長。身の回りに女性がいても不思議はありません。

井伊直親は信濃で、代官塩沢氏から妻を迎えたといいます。そして、井伊直親は、男の子と女の子を授かったようです。

井伊直親は、男の子を現地に残し、娘を井伊谷に連れて戻ったといいます。

井伊直親の娘は、謎の少女・高瀬として登場?



井伊直親が連れて戻ったという娘は、「おんな城主 直虎」では謎の少女・高瀬として登場します。

高瀬役は、国民的美少女コンテストグランプリに輝いた高橋ひかるさん。
「おんな城主 直虎」に登場する井伊直親の娘・高瀬は「隠し子」という設定になっています。高瀬の存在は井伊家に波紋を起こすとされていますが、はたして、どのような秘密があるのでしょうか。

スポンサーリンク




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

曽祖父直平の娘?佐名が井伊家に屈託抱いた理由とは? [おんな城主 直虎]

”Related
静岡県浜松市を舞台に放送スタートした2017年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」。

その「おんな城主 直虎」で、序盤のキーパーソンとなりそうなのが、徳川家康の正室となる「瀬名」の母「佐名」ではないでしょうか。大河ドラマ「おんな城主 直虎」では、元宝塚の女優・花總まりさんがキャスティングされています。

佐名の娘・瀬名(築山殿)は、今川家一門・関口親永の娘だといわれてきました。
瀬名(築山殿)は今川義元の養女として徳川家康の正室となります。と、ここまでは、歴史ファンならご存知でしょう。ところがビックリなのは、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎の井伊家系図に、瀬名(築山殿)の母・佐名が、井伊直平の娘とされていることなのです。

井伊直平は、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎の曽祖父にあたる人物。かりに、佐名が井伊直平の娘とすれば、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎と瀬名(築山殿)は親戚同士になるのです。「おんな城主 直虎」では、今川義元の居城・駿府で幼い直虎と瀬名が顔を合わせるシーンがありました。

「おんな城主 直虎」では、主人公・井伊直虎と血縁関係にあたるはずの佐名とその娘・瀬名。しかし母である佐名は、井伊家の一人娘・直虎を歓迎していない雰囲気…。いったい、佐名と井伊家の間にはなにが?






スポンサーリンク





佐名の娘・瀬名は徳川家康の正室に



大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、瀬名(築山殿)の母として登場する佐名。

のちに徳川家康の正室となる瀬名(築山殿)は、よく知られた存在ながら、その母となると、ご存じない方も多いのかもしれません。

佐名の娘・瀬名(築山殿)は、今川家一門・関口親永の娘。佐名の娘・瀬名(築山殿)は、今川義元の養女として、徳川家康に嫁ぐのです。当時の徳川家康(松平元康)は、三河の豪族松平家から今川家に人質になっていました。

今川義元は、徳川家康(松平元康)を今川の傘下におくため、佐名の娘・瀬名(築山殿)を政略結婚で嫁がせたのではないでしょうか。

直虎の曽祖父・直平の娘が、今川家への人質に?



徳川家康の正室として知られる瀬名(築山殿)の母とは、どのような女性だったのでしょうか。

大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎の井伊家系図には、瀬名(築山殿)の母にかんする記述があるといいます。それもそのはず。瀬名(築山殿)の母・佐名が、井伊直平の娘だというのです。

井伊直平といえば、「おんな城主 直虎」の主人公井伊直虎の曽祖父。「おんな城主 直虎」では、前田吟さんが井伊直平を演じています。

井伊直平の娘であった瀬名(築山殿)の母・佐名は、なぜ、井伊家から今川家に入ったのか。

井伊直平の娘・佐名は、今川家に人質に出されたようです。
そして、今川家一門・関口親永の妻になったといわれています。関口親永と井伊直平の娘・佐名の間に生まれたのが、瀬名(築山殿)ということのようです。

今川家に人質に出され、井伊家に屈託抱く?



佐名の娘・瀬名(築山殿)は、のちに今川義元の養女として徳川家康に嫁いでいます。

それでも、「おんな城主 直虎」に登場する瀬名(築山殿)の母・佐名は、どことなく薄幸そうなイメージ。そして、井伊家から人質としてやってきた直虎(おとわ)を、あまり歓迎しません。

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の設定でも、佐名は、実家の井伊家に屈託を抱いていることになっています。佐名が、正式な婚姻として、今川家に入ったのならまだしも、あくまで井伊家からの人質でした。

そして佐名は、今川家で「お手つき」になってしまいます。つまり、愛人になってしまったのでしょう。今川義元は、お手つきにした佐名を、一門の関口親永に払い下げしたのかもしれません。

そうしたモノのような扱いを受ければ、佐名も、実家の井伊家に屈託を抱いて不思議はありません。

娘・瀬名は桶狭間で養父義元を失う



薄幸なイメージの佐名。

佐名の娘・瀬名(築山殿)も、幸せな生涯を送ったとはいえません。瀬名(築山殿)の養父・今川義元は、桶狭間の戦いで討ち死にしてしまうのです。今川義元は大軍を率いて上洛の途中、尾張・桶狭間で、3000人の織田信長に敗れてしまったのです。

ちなみに、桶狭間では、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主人公井伊直虎の父・直盛も戦死しています。

今川義元が桶狭間の戦いで討ち死後、今川家はしだいに勢力が衰えていきます。

一方、三河からは、今川家の傘下を脱した徳川家康が、遠江、駿河に勢力を伸ばしていきます。もはや今川家と縁を切った家康にとって、今川家出身の瀬名(築山殿)は邪魔な存在になっていたのかもしれません。

武田家への内通を疑われ自害させられた瀬名



養父・今川義元亡き後、瀬名(築山殿)は、徳川家で冷遇されます。

とくに家康の母は、瀬名(築山殿)につらくあたったようです。瀬名(築山殿)は、徳川家康の居城・岡崎城に入ることもできず、岡崎城の外で生活したといいます。

そして、瀬名(築山殿)は、長男信康とともに、武田家に内通していると讒言されてしまいます。

瀬名(築山殿)と長男信康が、武田家に内通していると讒言したのは、織田家から信康に嫁いだ徳姫でした。この讒言によって、織田信長は徳川家康に、瀬名(築山殿)と信康を自害させるよう命じるのです。

佐名、瀬名が井伊家と徳川家をつなぐ?



大河ドラマ「おんな城主 直虎」に登場する瀬名(築山殿)の母・佐名は、瀬名の最期を見届けたのか。

徳川家康の正室となった瀬名(築山殿)と違って、瀬名の母・佐名については、詳しい生没年、素性はよくわかっていません。本当に、佐名が井伊直平の娘であったのかどうかも、はっきりしません。

ただ、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎の婚約者・井伊直親は、徳川家康への内通を疑われ、殺害されています。また、井伊直親の遺児である直政も、徳川家康に仕え、スピード出世しています。

のちに井伊氏が徳川家重臣となったことも、佐名と瀬名が徳川家との血縁を結んだと考えれば、合点がいくのですが…。

スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

夫直盛の戦死後に出家!幼い井伊直政を育てた?直虎の母・千賀 [おんな城主 直虎]

”Related
いよいよ放送が始まった2017年1月のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」。

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の鍵を握る登場人物のひとりが、主人公・井伊直虎の母・千賀。NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」では、財前直美さんが主人公・井伊直虎の母・千賀を演じます。

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎の母千賀については、謎が少なくありません。

はたしてNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主要キャストのひとり、千賀はどのような生涯を送ったのか。






スポンサーリンク





今川家家臣・新野家から井伊直盛に嫁ぐ



NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」では、財前直美さんが演じる、主人公・井伊直虎の母親千賀。

財前直美さん演じる千賀については、出家後の「祐椿尼」という名が伝わっているくらい。千賀の詳しい生涯は、よくわかっていません。

「おんな城主 直虎」で、主人公・井伊直虎の母として登場する千賀は、今川家家臣の新野佐馬介の妹とされています。

新野佐馬介は、現在の静岡県御前崎市の新野地区を治めていたとされています。
井伊直虎の母親・千賀の兄である、新野佐馬介は、井伊家を救った人物ともいえます。

「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎の婚約者、井伊直親の遺児・直政を、かくまったのが新野佐馬介だったのです。

兄の新野佐馬介は井伊直政を救った恩人



のちに「徳川四天王」と称されるほどの武将に成長する井伊直政も、幼いころは、井伊家家老の小野氏に命を狙われていました。

「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎の父・直盛、祖父・直平は戦死。直親も、井伊家家老の小野氏に命を奪われます。

そして、幼い井伊直政までも命を狙われたのです。このとき、幼い井伊直政を救ったのが、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎の叔父新野佐馬介でした。

一人娘の直虎と直親が婚約するが…



「おんな城主 直虎」の主人公井伊直虎の父・直盛と、その妻千賀の兄新野佐馬介は、ともに今川家に仕えていました。

「おんな城主 直虎」の主人公井伊直虎の父・直盛に嫁いだ千賀は、一人娘・直虎を産みます。

しかし、直盛と千賀は男児を授かることはありませんでした。そこで、ひとり娘直虎の婿養子に迎えようとしたのが井伊直親でした。

ところが、「おんな城主 直虎」の主人公井伊直虎と、三浦春馬さん演じる直親の婚約に、井伊家家老の小野政直が反対します。小野政直は、家老でありながら、直親の父直満と、弟直義を殺害。直親も信濃に逃れたのです。

夫直盛の戦死後は出家して「祐椿尼」に



直親は生きて井伊谷に帰るものの、小野政直の子政次に命を奪われます。
小野政次は直親が、徳川家康と内通していると、今川氏真に讒言したのです。

一方、千賀の夫直盛は、主君今川義元とともに、桶狭間の戦いで討ち死にしてしまいます。千賀が夫の直盛亡き後、どのような生涯を送ったのか詳しくはわかっていないようです。ただ、出家して「祐椿尼」と名乗ったことが知られているだけです。「祐椿尼」として出家した千賀は、夫直盛の菩提を弔うために生きたのでしょうか。

もしかすると千賀は、娘の直虎とともに、幼い直政を一人前の武将に育てあげたのかもしれません。大河ドラマ「おんな城主 直虎」では、千賀の生涯がどのように描かれるのか。楽しみに待ちたいと思います。

スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

井伊直虎の大叔父・直満が、家老小野政直に命奪われた理由は? [おんな城主 直虎]

”Related
いよいよ放送が始まった2017年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」。

大河ドラマ「おんな城主 直虎」の序盤のポイントとなるのが、主人公・井伊直虎の大叔父・井伊直満が、筆頭家老・小野政直の讒言で、殺害されることではないでしょうか。大河ドラマ「おんな城主 直虎」では、TBS系のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の出演でも話題となった宇梶剛士さんが、井伊直満役にキャスティングされています。

さて、「おんな城主 直虎」二登場する、主人公・井伊直虎の大叔父・井伊直満は、なぜ井伊家筆頭家老の小野政直に命を奪われることになったのでしょうか。






スポンサーリンク





直満の息子・直親は井伊直虎の婿養子に



「おんな城主 直虎」に主人公・井伊直虎の大叔父として登場する井伊直満。

井伊直満の息子・直親は、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎の婚約者となります。「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎の父・直盛には、男子がいなかったためです。こうして井伊家当主の直盛は、一人娘の直虎の婿養子に、井伊直満の息子・直親を迎えることにしたのです。

井伊直盛は、井伊直満の息子・直親が成人した後、井伊家を継がせる考えだったのでしょう。しかし、井伊直盛の計画は実現しませんでした。

筆頭家老・小野政直の反対で直虎と直親の婚約実現せず



「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎と一族の井伊直親を結婚させる計画は、幻に終わります。井伊家筆頭家老の小野政直が反発したからです。

小野政直は、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎と井伊直親の婚約を破談にするため、全力をかけて妨害するのです。

井伊直満は小野政直と不仲だった?



井伊家筆頭家老の小野政直は、井伊直満、その弟の直義に謀反の疑いをかけたのです。そして、主家の今川義元に讒言(密告)したといわれています。

小野政直はなぜ、筆頭家老でありながら井伊家を裏切るような行動をとったのか。
一説には、小野政直と井伊直満は不仲であったといわれています。ただ、小野政直と井伊直満の関係がこじれた理由はよくわかりません。

今川義元への讒言で、井伊直義とともに殺害された直満



小野政直は、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎の大叔父・井伊直満、直義が武田軍と小競り合いを起こすため、軍備を整えていると讒言したといいます。もちろん、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎の大叔父・井伊直満、直義が、本当に謀反を計画していたのかどうかはわかりません。

この小野政直の讒言がもとで、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎の大叔父・井伊直満、直義は命を奪われたのです。

直満の息子・直親も小野政直に命狙われ信濃へ



井伊家家老の小野政直の裏切りは、井伊直満、直義兄弟の殺害だけでは終わりませんでした。

小野政直は、井伊直満の息子・井伊直親の命をも奪おうとしたのです。命を狙われた井伊直親は、婚約者の直虎を残して、信州に逃亡してしまいます。婚約者の直親を失った「おんな城主 直虎」の主人公井伊直虎は、出家して尼となってしまうのです。

井伊一族の直満は、なぜ小野政直によって殺害されてしまったのか。
井伊家筆頭家老の小野政直は井伊直満と不仲だったというものの、それだけでは説得力がありません。小野政直と不仲であった井伊直満の息子・直親が、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎と婚約したことが、もっとも大きな動機となったのではないでしょうか。

スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

筆頭家老・小野政直は直虎と息子の婚約実現のため、井伊家を裏切った? [おんな城主 直虎]

”Related
いよいよ放送スタートとなったNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」。

その「おんな城主 直虎」で、敵役として登場するのが、井伊家筆頭家老の小野政直です。

「おんな城主 直虎」に登場する小野政直は、井伊家筆頭家老とはいえ、歴史的に知られた人物ではありません。しかしながら、小野政直は、主君の一族である井伊直満、井伊直義を死に追いやるなど、その行動は井伊家を存続の危機に陥れます。

そして、井伊家筆頭家老の小野政直は「おんな城主 直虎」の主人公井伊直虎の婚約者井伊直親の命をも奪おうとするのです。

小野政直が、こうまでして、井伊家に刃向かった理由とはなんだったのか。






スポンサーリンク





直虎の大叔父・井伊直満、直義の命を奪った筆頭家老



大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、敵役を演じるのが、吹越満さん演じる筆頭家老の小野政直です。

小野政直は、井伊家筆頭家老を務めていました。しかしながら、「おんな城主 直虎」でも描かれているように、主人公井伊直虎の大叔父・井伊直満、井伊直義に謀反の疑いをかけ、死に追いやってしまいます。

小野政直は井伊直満と不仲だった?



筆頭家老の小野政直は、なぜ井伊家を裏切るような行動をとったのでしょうか。
その手がかりとなるのは、小野政直と主君の一族である井伊直満と不仲であったこと。小野政直の行動を説明する史料には、そうとしか記されていません。

井伊家筆頭家老の小野政直は、主君の一族である井伊直満、直義の命を次々と奪います。そればかりか、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎の婚約者となった井伊直親も殺害しようとするのです。小野政直は、筆頭家老でありながら、なぜ井伊家を窮地に追い込むような行動をとったのか。

主君・井伊直盛の一人娘直虎と息子政次の結婚を画策?



「おんな城主 直虎」では、小野政直は、主人公井伊直虎と井伊直親の婚約を阻止しようとしていたと描かれています。

「おんな城主 直虎」では、筆頭家老である小野政直が、息子の政次を、主人公井伊直虎の婿養子にしようと画策していたという設定になっているようです。主君・井伊直盛の一人娘である直虎と、息子の政次が結婚することで、小野一族が井伊家を乗っ取ることを考えていたのでしょうか。

井伊直満、直義に謀反の疑いかけ、今川義元に密告



ところが、筆頭家老・小野政直のもくろみは、実現しませんでした。

主君の井伊直盛は、一人娘・直虎の婚約者に、一族の井伊直親を選んだのです。小野政直は、もともと不仲だった直親の父・井伊直満と直義の兄弟に謀反の疑いをかけ、今川義元に密告。井伊直満と直義の命を奪うという実力行使にでました。

ここまでは、豪腕・小野政直の計画は、首尾よく運んでいたのかもしれません。

直満の遺児・直親は信濃に逃亡、直虎は出家して尼に



ただ、小野政直の計画にも、ほころびが出てしまいます。

父の井伊直満の遺児である井伊直親が信濃に逃亡。井伊直親は成人するまで、信濃の豪族松岡氏にかくまわれ、松源寺で修行をして暮らすのです。

さらに、婚約者の直親を失った「おんな城主 直虎」の主人公井伊直虎は、出家して尼となってしまうのです。直虎が出家したため、小野政直も息子・政次との結婚を断念せざるをえなかったのではないでしょうか。

スポンサーリンク




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

柴咲コウ主演「おんな城主 直虎」主人公・井伊直虎は男だった? [おんな城主 直虎]

”Related
いよいよ2017年1月から、新たNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」が始まります。

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」は、戦国時代の女性領主・井伊直虎を主人公とする時代劇。
「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎は、江戸時代の彦根藩主・井伊家の礎を築いた人物。しかしながら、井伊直虎にかんする史料は少なく、謎に包まれた部分も少なくありません。

大河ドラマ「おんな城主 直虎」では、主人公・井伊直虎を、大河ドラマ初出演となる女優柴咲コウさんが演じ生ます。

ところが、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放送開始を直前にひかえ、主人公の井伊直虎が男だったという説が。突然振って沸いた井伊直虎男性説。これを主張したのは、京都市の井伊美術館長・井伊達夫氏。井伊館長は、彦根藩主井伊家の分家の当主だそうです。直虎の遠い子孫が、「おんな城主 直虎」男性説を主張しているのです。

井伊直虎が男性だったすれば、柴咲コウさん主演の大河ドラマ「おんな城主 直虎」は、史実と異なるストーリーになってしまいます。直虎の遠い子孫が、井伊直虎を男と主張したその根拠とは?







スポンサーリンク





井伊直政長男・直勝の子孫、井伊美術館長が直虎男性説



2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎は、女性領主だったといわれるものの、史料は多くはありません。大河ドラマ初主演となる女優柴咲コウさんが、井伊直虎を演じるものの、その人物像は謎の部分が少なくないのです。

それでも、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放送開始を控え、主人公・井伊直虎の人物像への関心も日に日に高まっているようです。

ところが、ここにきて、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎が男だったとする説が。
そして、この井伊直虎男性説を主張しているのが、京都市の井伊美術館の井伊館長。この井伊館長は、彦根藩の藩祖・井伊直政の長男・直勝の子孫にあたります。「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎からは、遠い子孫となります。

井伊家家老・木俣守安が残した史料に「井伊次郎」の名



井伊館長が、直虎男性説の根拠としているのは、井伊家家臣が書き残した史料。

直虎男性説の根拠となった史料は、彦根藩家老の木俣守安が書き残したといわれています。木俣守安は、おばたちから、井伊直虎の話を聞き書きしたそうです。

この木俣守安の史料に登場するのが、「井伊次郎」という人物。

井伊次郎は、新野佐馬助のおいにあたる関口氏の出身とされているのです。もともと井伊氏も、新野氏も、関口氏も今川氏の配下にありました。ところが、当時の井伊家家中が混乱していたため、見かねた主君・今川氏真が、関口氏の子「井伊次郎」を養子として送り込んだというのです。

婚約者失い出家、「次郎法師」と名乗った井伊直虎



「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎は、出家して「次郎法師」となりました。

「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎が出家したのは、婚約者の井伊直親が行方不明になったためでした。井伊直虎は、いとこの井伊直親と婚約したものの、重臣・小野氏の反感を招きます。

小野氏は、井伊直親の父親・井伊直満、直義の兄弟が、今川氏から寝返ろうとしていると讒言。井伊直満、直義の命を奪った上、直親を亡き者にしようとしたのです。

小野氏に命を狙われた井伊直親は、やむなく信州に逃亡。これを悲しんだ?直虎は、出家して「次郎法師」と名乗ったといわれているのです。直虎の法名は「次郎法師」。これは木俣守安が書き残した「井伊次郎」の名とも、符合します。

家老の座を追われかけた史料の著者・木俣守安



はたして「次郎法師(井伊直虎)」=「井伊次郎」だったのか。

井伊家を継いだという「井伊次郎」が、今川家家臣・関口氏出身の養子だとすれば、井伊直虎が女性だったとする大河ドラマ「おんな城主 直虎」のストーリーの根幹が崩れてしまいます。

この直虎男性説の真偽はともかく、木俣守安は、なぜこうした史料を書き残したのでしょうか。

井伊家彦根藩の家老を務めていた木俣氏は、もともと徳川家康の家臣でした。

家康は、信頼を寄せていた井伊直政に、木俣守安の養父・守貞を家臣としてつけたのです。ちなみに、井伊直政は、直虎の婚約者・直親の遺児にあたります。父・直親亡き後、直虎が直政を育て上げ、家康に仕えさせたといわれています。

家康の家臣として出世を遂げた直政は、彦根藩35万石の藩祖となります。
そして、家康から家臣としてつけられた木俣守貞は、彦根藩の家老を務めることに。ところが、直政の長男・直勝は、守貞の子、木俣守安を家老にしようとはしませんでした。

結果的に井伊直勝は、病弱のため彦根藩35万石を継ぐことはなく、上野・安中藩3万石の藩主となります。

井伊家彦根藩は、直政の次男・直孝が相続します。
大河ドラマ「真田丸」の主人公・真田幸村は、大坂冬の陣で、井伊家長男の直勝ではなく、次男直孝と対陣しています。「徳川四天王」と称された井伊直政は、関ヶ原の合戦後に死去。勇猛だった直孝が本家を継ぎ、病弱な長男直勝は分家扱いとなったのです。

直虎男性説の根拠となった史料を残した木俣守安は、直勝の失脚によって、彦根藩家老となりました。

直虎を男性とするはっきりした史料もなし



彦根藩主井伊家の家老となった木俣守安が、「井伊次郎」の名を史料に残した真意はわかりません。そして、木俣守安が書き残した史料は、自らを失脚させようとした井伊直勝の子孫の手によって、世に出されようとしています。

はたして木俣守安の史料に登場する「井伊次郎」こそが、井伊直虎なのか。
もっとも、井伊次郎や井伊直虎が実在したのかどうかすら、よくわかりません。ただ、直虎を男性とするはっきりした史料も出てきていません。「おんな城主 直虎」が大河ドラマとなることで、井伊直虎の人物像が明らかになるきっかけにはなりそうです。

スポンサーリンク





nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

三浦春馬演じる井伊直親、なぜ直虎と婚約?なぜ命を奪われた? [おんな城主 直虎]

”Related
年明け2017年1月から始まるNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」。
この「おんな城主 直虎」の主要キャストの一人が、主人公・井伊直虎の婚約者であった井伊直親です。

「おんな城主 直虎」では、人気俳優の三浦春馬さんが、井伊直親を演じます。
「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎も謎めいた人物なら、その婚約者という井伊直親も、知られざる人物といえます。なにしろ、若くして、家臣・小野氏の裏切りによって命を奪われるのですから。

「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎の婚約者となりながら、結ばれなかった井伊直親。
はたして、この井伊直親が、井伊直虎の婚約者となったのはなぜなのか。そして、若くして命を奪われたのは、なぜだったのか。






スポンサーリンク





井伊直虎との婚約で重臣小野氏が反抗、信州に逃亡



「おんな城主 直虎」で、三浦春馬さんが演じる井伊直親は、直虎の父・直盛の甥にあたります。
つまり、井伊直虎と井伊直親は、いとこ同士という関係にあたるのです。「おんな城主 直虎」では、井伊直虎と井伊直親は、幼馴染として描かれています。

「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎の父直盛には、男児がいませんでした。
そのため井伊直盛は、甥にあたる井伊直親を、直虎の婚約者として、婿養子に迎えようとします。井伊直親に井伊家を継がせる考えだったのです。

ところが、井伊直虎と井伊直親の縁談は実現することがありませんでした。
井伊家重臣の小野氏が、井伊直虎と井伊直親の縁談を面白く思っていなかったためです。小野氏はなぜ、井伊直虎と井伊直親の縁談に反対したのか。その詳しい理由はわかりません。

直親の父直満、叔父直義の命を奪った重臣小野氏



こうして、井伊家重臣の小野氏は、実力行使に出ます。
まずは、井伊直親の父・直満と叔父・直義の命を奪うのです。そして、井伊直親も小野氏によって命を狙われること隣、信濃に逃亡してしまうのです。

「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎は、婚約者を失う事態に。
井伊直親の生死はわからなくなってしまったのです。「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎は、婚約者の井伊直親を失ったショックからか、出家してしまうのです。

徳川家康との内通疑われ、今川家重臣・朝比奈泰朝に殺害される



「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎が、悲しみのあまり?出家した後、井伊直親は信州から戻ってきます。ところが、井伊直虎はすでに出家した後だったため、直親と結婚することはありませんでした。

井伊直虎の婚約者であった井伊直親は、井伊氏の一族・奥山家から妻を迎えます。
そして、いよいよ井伊直親が、井伊家を継ぐことになったと思った矢先。再び、重臣の小野氏が、井伊直親に牙をむきます。

今度は、井伊直親が松平元康(のちの徳川家康)と内通していると、主家の今川氏真に讒言するのです。
いったいなぜ、小野氏はこれほどまでに、井伊家に反逆的な行動をとったのか。また井伊家としても、これほどの危険分子を、家中に残しておく理由がわかりません。小野氏は、今川家から井伊家の監視役を仰せつかってたのでしょうか。

ともかく、松平元康との内通の疑いをかけられた直親は、弁明のため駿府に向かいます。
そして、その途中、今川家の重臣で掛川城主の朝比奈泰朝に命を奪われてしまうのです。

婚約者失い、井伊家は男不在の危機に


「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎にとっては、悲しんでも悲しみきれない出来事。
しかしながら、直虎にとっては、井伊家の危機でもありました。すでに、井伊直虎の父・直盛は桶狭間の戦いで戦死していました。つまり、井伊家を継ぐべき男手がいなくなっていたのです。

こうして、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎は、婚約者であった直親にかわって、井伊家を継ぎます。そして、井伊直親の遺児・虎松(のちの井伊直政)に、井伊家を継がせる決意を固めるのです。

スポンサーリンク




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

父、婚約者を失い、女性ながら井伊家を継いだ「おんな城主 直虎」 [おんな城主 直虎]

”Related
2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」からバトンタッチされる、2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」。

大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎は、戦国時代の遠州(静岡県西部)の豪族・井伊氏の当主でした。井伊直虎の名は、地元静岡県でもそれほど知られていなかったようです。この知られざる井伊直虎の生涯を読み解くポイントは、なんといっても直虎が女性ながら井伊家を継いだということでした。

なぜ、女性の直虎が、井伊家を継がなければならなかったのか?
そこには、父、婚約者ら男手を相次いで失うという悲劇があったのです。






スポンサーリンク





直虎の父直盛は戦死、婚約者の直親も今川に命奪われる



2017年大河ドラマ「おんな城主 直虎」は、柴咲コウさんが主人公・井伊直虎を演じます。

柴咲コウさんが演じる、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎は、のちに彦根藩35万石の藩主となる井伊家の礎を築きました。しかしながら、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎が当主を務めていたころは、井伊家も遠州の豪族のひとつに過ぎませんでした。

「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎が、女性ながら当主となったのは、男手が戦や謀略によって次々と落命したためでした。そのため、女性である井伊直虎が、井伊家を継がざるを得なくなってしまったのです。

直虎と直親の婚約に重臣・小野氏が反発



「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎は井伊家当主・井伊直盛の娘として生まれました。
ところが、直盛には男子がいませんでした。そのため、井伊直虎の父、直盛は一族の井伊直親を娘・直虎の婿養子に迎えることにしたのです。「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎と井伊直親は、いとこ同士の関係にあたります。

しかし、井伊家には、この縁談が面白くない家臣がいたのです。
それは、井伊家の重臣・小野一族でした。「おんな城主 直虎」の鍵を握るであろう小野氏の素性については、はっきりしたことはわかっていません。そして、井伊直虎と井伊直親の縁談になぜ反対だったのかも、真相は不明のようです。

婚約者直親を失った直虎は出家、次郎法師に



ともあれ、井伊家重臣であった小野氏は、井伊家の主家・今川義元に讒言します。
これによって、井伊直虎の婚約者・井伊直親は、命を狙われることに。やむなく、井伊直親は信濃に身を隠すことになります。そして、婚約者を失った直虎は、悲観したのか、出家して「次郎法師」という尼になってしまうのでりす。

ところが、それから数年後、井伊直親は井伊家の地元・井伊谷(いいのや)に戻ってきます。
そのころ、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎の父、直盛は桶狭間の戦いで戦死した後でした。そのため、井伊谷に帰還した井伊直親が井伊家を継ぐことになるのです。

しかし、ここで再び井伊家重臣の小野氏が、今川家の跡継ぎ氏真に讒言します。
井伊直親は、今川家重臣の掛川城主・朝比奈泰朝の襲撃によって、殺害されるのです。「おんな城主 直虎」では、この悲劇の人物・井伊直親を、人気俳優の一人・三浦春馬さんが演じます。

菩提寺・龍潭寺の南渓和尚、女性の直虎に井伊家継がせる



ここで、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎の出番です。
「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎は、男手を失った井伊家を、ピンチヒッターとして継ぐことになります。

女性の井伊直虎が、家を継ぐという苦肉の策は、井伊家の菩提寺・龍潭寺の住職・南渓瑞聞によるものだったようです。南渓瑞聞は、後見人として井伊直虎を支えることになります。「おんな城主 直虎」では、小林薫さんが演じる南渓和尚も、大河ドラマの鍵を握る人物の一人といえるでしょう。

ところが、井伊直虎が井伊家を継いでからも、苦難は続きます。
井伊家は、重臣・小野氏の反逆によって居城・井伊谷城を失います。その後、三河の大名・徳川家康の支援で井伊谷城を奪い返したものの、今度は武田信玄の重臣・山県昌影に井伊谷城を奪われるのです。

「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎が、井伊谷城を奪い返すことができたのは、信玄が病のため甲斐に引き上げた後でした。

直親の遺児・直政を家康に仕えさせ、世を去った直虎



「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎は、かつての婚約者・井伊直親の遺児・直政を、家康に仕えさせた後、世を去ったといわれています。この井伊直政こそが、徳川四天王の一人として、彦根藩の礎を築くことになる人物です。

「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎の生涯は、謎めいています。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」の鍵を握る井伊家重臣の小野氏が、井伊家に反抗した理由もよくわかりません。このように、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎が謎多き人物であるため、大河ドラマも創作の余地が大きく残されているといえそうです。

スポンサーリンク





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」主人公の直虎以外にも女性領主がいた? [おんな城主 直虎]

”Related
2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」から、バトンタッチされる2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」。

戦国時代の女性領主・井伊直虎を柴咲コウさんが演じます。
知られざる戦国時代の女性領主。じつは、女性ながら領主を務めたのは、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎だけではなかったのです。

「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎が、NHK大河ドラマとなったことで、ちょっとした話題になりそうな戦国時代の女性領主とは、どのような人たちだったのでしょうか。






スポンサーリンク





美濃・岩村城に伝わる女性領主「お直の方」



「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎のように、女性ながら領主を務める例は少なくありません。

そんな女性領主のひとりが、美濃・岩村城(岐阜県恵那市)城主だった「お直の方」のです。

この「お直の方」には、「おつやの方」「修理夫人」などの呼び名があります。「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎は、遠江(静岡県西部)の女性領主でしたが、少し離れた美濃にも、戦国の女性領主がいたのです。

このお直の方は、岩村城を治めていた遠山景任の夫人にあたります。

じつは、お直の方には織田信長の叔母という説も。お直の方の夫の景任が病で亡くなったため、お直の方が遠山家の当主になったのです。こうした事情は、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎と共通しているといえそうです。

武家に生まれたからには、非常時には女性とはいえ、領主とならざるをえなかったのでしょう。

織田、武田の争いの舞台となった岩村城



お直の方が嫁いだ遠山氏は、甲斐(山梨県)の武田氏に味方していました。
ここで織田信長は、五男の御坊丸(のちの織田勝長)を岩村城に送り込み、遠山家をのっとるのです。

岩村城とお直の方は、武田信玄の別働隊・秋山繁虎に攻めたてられます。お直の方はやむなく、繁虎と結婚。そののちに家督を御坊丸に譲るという条件で、岩村城を無血開城するのです。

お直の方の岩村城は、織田家と武田家の抗争の舞台となってしまいます。

その後も、秋山繁虎と織田軍の間で攻防が続きます。しかしながら、武田軍は長篠の合戦で織田・徳川の連合軍に敗れてしまいます。こうして、岩村城も織田信長の嫡子信忠の軍勢に包囲されるのです。

岩村城を囲まれた秋山繁虎は、城兵の助命と引き換えに城を明け渡します。
ところが、織田軍はその約束は破り、繁虎は処刑されたといいます。お直の方も再婚相手の繁虎と運命をともにしたのではといわれています。

女性領主の代表格?筑後の立花誾千代



戦国の女性領主の代表格ともいえるのが、筑後・立花城主の立花誾千代(ぎんちよ)です。

立花誾千代は、「おんな城主 直虎」主人公の井伊直虎や、岩村城のお直の方とは異なり、夫と死別したのではありません。立花誾千代は、父親の戸次道雪に男児がいなかったため、城主になったのです。立花誾千代が跡継ぎとなったのは、わずか7歳のことでした。

女性とはいえ、立花誾千代の武勇は領内にとどろいていたといいます。

立花誾千代は、城内の腰元を訓練させたり、武器を取って城を守ったことも一度ではなかったといいます。立花誾千代は、のちに豊臣秀吉に手篭めにされそうになったこともあったそう。ところが、立花誾千代は、女中に銃を隠し持たせ、自らも武装。そのため、さすがの秀吉も立花誾千代に手を出すことはできなかったようです。なんとも勇ましい話です。

立花誾千代は夫宗茂と不仲だった?



立花誾千代も、独身を貫いたわけではありません。
父の道雪は、誾千代に家督を継がせた後、主家の大友氏の重臣・高橋家から婿養子を迎えています。この婿養子が、勇名をとどろかせることになる立花宗茂です。

しかしながら、立花誾千代と立花宗茂は夫婦仲がよくなかったといわれています。
ひょっとしたら立花誾千代の勝ち気な性格が災いしたのかもしれません。でしょうか。立花誾千代と立花宗茂は結婚した後も、別居していたといわれています。

立花宗茂はその武勇で知られていました。ところが、関が原の戦いで西軍に味方したため、改易されてしまうのです。

それでも、立花宗茂は、徳川家康から才能を見込まれ、再び大名に返り咲きます。
関が原の合戦では、西軍の多くの大名が改易されています。しかしながら、改易されながら大名に復帰したのは、この立花宗茂ぐらいではないでしょうか。

残念ながら、立花誾千代は、夫宗茂の大名復帰を見届けることなく、34歳で世を去っています。
夫婦仲がよくなかったという立花誾千代は、夫宗茂の処世をどのような心境で見つめていたのでしょうか。武家の娘としては、立花家の家名が残ったことだけは、天国で喜んでいたのかもしれません。

スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」主人公の井伊直虎って、どんな人? [おんな城主 直虎]

”Related
2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」からバトンタッチされる、2017年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」。

主人公は戦国時代の女性領主、井伊直虎。女優柴咲コウさんが主演をつとめます。
しかしながら、井伊直虎と聞いて、ぴんとくる人は、あまり多くないのではないでしょうか。

「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎とは、はたしてどのような人物なのでしょうか。また、「おんな城主 直虎」は、はたしてどのような物語になるのでしょうか。






スポンサーリンク





井伊家彦根藩35万石の礎を築いた井伊直虎



2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の主人公は、戦国時代の女性領主・井伊直虎。
といっても、それほど有名な武将でもありません。ご存知の方は、相当な歴史好きなのではないでしょうか。

「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎は、男性ではなく女性でした。
徳川家康に仕え、「徳川四天王」「井伊の赤備え」「井伊の赤鬼」と称された井伊直正の養母というべき存在なのです。

「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎は、「ひこにゃん」で知られる彦根藩35万石の井伊家の礎を築いた人物ともいえます。この彦根藩からは、幕末の大老・井伊直弼も生まれています。徳川家では、外様でありながら、異例の出世を遂げたのが、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎の甥・井伊直政でした。

父直盛、婚約者直親を失い、井伊家を継いだ女性の直虎



「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎が、生まれたのは遠江引佐郡井伊谷。

井伊谷は、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎をはじめ、井伊家が代々治めてきた土地です。この井伊谷は、現在の静岡浜松市北区にあたります。「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎は、井伊家の当主であった井伊直盛の娘として誕生します。

井伊直盛には、男児がいませんでした。
そこで、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎のいとこ、直親を婿養子として迎えることにします。そして、直親が成人した際に、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎に嫁がせるつもりだったのです。ちなみに、井伊直親は、若手人気俳優の三浦春馬さんが演じます。

ところが、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎の父・直盛は、今川家の先鋒隊大将として、桶狭間の戦い(現在の愛知県)で戦死してしまうのです。井伊家は、駿河・遠江の大名であった今川義元に仕えていました。

直虎と直親の婚約に反発した重臣小野氏が今川氏に讒言



そして、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎の婚約者・直親も、今川氏真によって命を奪われます。

井伊家家臣小野氏の讒言(いいがかり)のためだといわれています。「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎の婚約者・直親は、三河の大名であった徳川家康に接近しようとしていたようです。この裏切りを重く見た氏真は、重臣の朝比奈泰朝に、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎の婚約者・直親を殺害させたのです。

「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎の婚約者・直親には子(のちの井伊直政)がいました。
ところが、直政は幼年だったため寺にかくまわれます。井伊直政役は、若手人気俳優の一人、菅田将暉さんが演じます。

こうして井伊家は、男手を失うことに。
そのため、かつての当主直盛の娘が「直虎」と名乗り、女性ながら井伊家を継ぐこととなったのです。

徳川四天王と称された直親の遺児・直政



井伊家の苦難はこれで終わりではありませんでした。
重臣小野氏によって居城井伊谷城が奪われたり、甲斐の大名武田信玄の侵攻を受けたりします。「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎は、浜松城の徳川家康のもとに身を寄せることになるのです。

「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎が、井伊家を立て直せたのは、強敵武田信玄が病死した後でした。
その後、直虎は直親の子、直政を跡継ぎに育てます。その直政は徳川家に仕え、「徳川四天王」と称されるほどの武将に成長します。

「おんな城主 直虎」では、キーパーソンの一人となる井伊直政も、2016年の大河ドラマ「真田丸」には登場しませんでした。はたして、「おんな城主 直虎」でどのような役割を果たすのか、楽しみです。

こうして、「おんな城主 直虎」の主人公・井伊直虎は、直政の成長を見届けて、世を去るのです。

スポンサーリンク





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
おんな城主 直虎 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。